ファンクラブ運営・電子チケット【EMTG株式会社】

PRESS RELEASE

2016-04-25

本日発足した「ブロックチェーン推進協会」に発起メンバーとして参画し、 EMTG電子チケット等でのブロックチェーン導入を推進します

音楽アーティストのファンサイト運営や電子チケット、チケット転売対策を手掛けるEMTG株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:冨田 義博、以下「EMTG」)は、日本国内におけるブロックチェーン(※)の普及啓発、研究開発推進、関連投資の促進および海外ブロックチェーン団体との連携などを目的に本日設立した「ブロックチェーン推進協会」に発起メンバーとして加わり、当社サービスへの技術導入を推進していくことを発表いたします。

EMTGは、約100の音楽アーティストの有料ファンサイト/ファンクラブの運営やシステム提供を行っており、現在新規事業として推進している電子チケット分野を拡大させ2017年中の株式上場を目指しています。この度、FinTechとともに注目を集めるブロックチェーンについて、電子チケットやユーザーの個人情報を取り扱う認証に欠かせない技術と判断し、「ブロックチェーン推進協会」に発起メンバーとして加わりました。
今後、ブロックチェーン技術の研究開発及びその技術を導入したサービス構築に取り組んでまいります。

■ブロックチェーン推進協会
「ブロックチェーン推進協会(略称:BCCC)」は、日本国内においてブロックチェーンの研究開発および実 装推進を行う有志各社が、日本国内におけるブロックチェーンの普及啓発、研究開発推進、関連投資の促進および海外ブロックチェーン団体との連携などを目的に設立いたしました。現在、ブロックチェーン技術をASPで提供するテックビューロ株式会社をはじめ、34 社が発起メンバーとして参加しています。
【URL】http://bccc.global/ja/

ブロックチェーン

 

 

 

※ブロックチェーンとは
点在する無数のコンピューターにデータを分散することで、破壊や改ざんが困難なネットワークを作る技術を指します。

——————————-
■EMTG電子チケットについて
スマートフォンの画面にスタンプを押すだけの、ユニークで簡単な電子チケットです。
既に約30アーティストの全国ツアーや単独ライブで導入されており、30万人規模の全国ツアーや東京ドーム/京セラドーム大阪での対応実績もあります。音楽以外にも、よみうりランド様、鈴鹿サーキット様、彫刻の森美術館様、ポーラ美術館様などのレジャー/文化施設、展示会やセミナー、横浜DeNAベイスターズ様のオフィシャル電子チケットに採用されるなど、2014年6月のサービス開始から短期間のうちに、数多くの導入実績をつくってきました。

ブロックチェーン2

【EMTG電子チケットの特長】
○必要なものは専用スタンプのみ。PCやQRリーダーなどの機材の設置が不要
○専用ゲートも必要なく、紙チケットのモギりスタッフで対応可能
○スマートフォンを持っている友達にはLINEやメールでチケットを渡すことができ、
持っていない人とは同時入場で対応可能
○複数枚のチケットは連続でスタンプが押せ、素早くモギることができます
○携帯の電波環境が悪い会場でもスタンプを押すことが可能
○来場特典や記念コンテンツを提供する「メモリアルコレクション」機能でファンサービスが実施可能
○ライブや施設の電子チケット利用者に、PUSH通知で継続的にお知らせが可能
○顔写真表示、チケットを渡すことの制限などでオークション対策が可能
○オークション対策をした場合、行けなくなった人が定価で他の人に譲れる「EMTGトレードセンター」と連動
○特設ページ:http://emtg.co.jp/services/ticket/

■EMTG株式会社 会社概要
<事業内容>
音楽アーティストのファンサイト/ファンクラブ事業、EC事業、音楽メディア運営、
チケット販売事業(チケット販売、電子チケット、オークション対策)
<本社所在地>
東京都港区赤坂2-2-12
<代表者>
代表取締役社長 冨田 義博
<設立>
2007年3月
<URL>
http://emtg.co.jp/

【本件に関するお問合わせ・取材等のお申込み先】
EMTG株式会社 EMTG事業部 宮地・湯浅
TEL:03-6277-8911  FAX: 03-6277-8921  E-mail: press@emtg.co.jp

※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。